些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

ペットを飼ってみませんか?

スポンサーリンク

ペットを飼うのはとっても大変なことです。
 
病気にもなりますし、食べ物を与えたり、お掃除など日々やならければならないこともあります。
 
ある意味、子育てに似ているかもしれませんね。
 
居てくれるだけで、とても楽しく幸せになる瞬間が生活を楽しくしてくれますので、苦労も多い分、喜びも多いかもしれません。
 

1.どんなペットが良い?

 
「何か飼ってみたいな。」という衝動があるときには、動物との出会いが待っています。
 
犬や猫はとてもかわいらしくて心を癒してくれるパートナーになるでしょう。
 
お散歩やしつけなど大変な部分もありますが、寿命も長く10年以上一緒に過ごす事が可能です。
 
セキセイインコなどはかわいらしい声でさえずり日常の閉そく感を癒してくれるでしょう。
 
小さいセキセイインコさんですが、鳥かごの周りのお掃除が必要です。
 
寿命は8年以上といわれています。
 
マンションなど、ペット禁止の場所ですと金魚やハムスターなどゲージの中で飼えるスタイルがおすすめです。
 

2.子育ての閉そく感をペットが癒してくれる

子育て中で大変だという方にペットをすすめますと、「そんな余裕はどこにもない。さらに忙しくなるだけじゃない。」と言われてしまうかもしれません
 
新生児さんや、二歳児さんのお世話は本当に大変ですよね。
 
ペットをおすすめしたい子供さんの年齢は、幼稚園に入られる頃の年齢でしょう。
 
動物と触れ合ったり、金魚に餌をあげてみたりという慈しみの行動は子供さんの優しい心を育ててくれるでしょう。
 
小さい子供さんは病気も多く、お熱が続くしんどい時期もやってきます。
 
そのような時に、ご自宅に癒し効果を届けてくれるペットが居れば子供さんだけでなく親御さんの閉そく感までも和らげてくれるでしょう。
 
幼稚園のかわいらしい子供さんたちも小学生になりますと、なかなか親御さんのいうことを聞いてくれない子供さんもいるかもしれません。
 
そんなことが積み重なるとイライラすることも多くなります。
 
そんなときにペットが癒してくれることもあります。
 
子供さんも、親御さんからいろいろ言われ、うるさいなと思っていることもあります。
 
そんな時にも、ペットの癒し効果が期待できます。

 

5.ペットは家族を救う

子供さんを厳しくしかってしまったときや、人づきあいで困ったことがあったときなど、ぎすぎすした空気や閉塞感が漂ってしまう事があります。
 
そんなときにペットの存在は空気を和やかにして癒し効果を発揮してくれます。
 
ペットは高価な種類もありますが、ハムスターなどは800円くらいから販売されています。
 
金魚はもっと安価な価格でも販売されています。
 
核家族化が進む中で、昔はお母さんに叱られたときにはおばあちゃんが慰めてくれた、ということが少なくなっています。
 
家庭の中にペットの癒しを今、取り入れてみてはいかがでしょうか?