些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

酸素系漂白剤の便利な使い方

スポンサーリンク

主婦の方なら多くの人がお世話になっている漂白剤。
 
その漂白剤には大きく分けて二つの種類があります。
 
まずひとつは《塩素系漂白剤》。
 
塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムが主成分で漂白力が強く、染料まで脱色してしまうことがあるため、色柄ものには使用できません。
 
キッチンで布巾の漂白などをするときによく使っている、プールのようなニオイがするのが塩素系漂白剤です。
 
もうひとつは《酸素系漂白剤》。
 
酸素系漂白剤は別名過炭酸ナトリウムです。
 
これは、炭酸ナトリウムと過酸化水素の割合が 2:3 で混ざってできたものです。
 
洗濯のときに使っている色柄ものにも安心な漂白剤がこの酸素系漂白剤です。
 
今回は後者の、酸素系漂白剤の便利な使い方について紹介したいと思います!
 

1.お洗濯の味方!酸素系漂白剤

酸素系漂白剤の使い方でまず挙げられるのは、先ほども述べたように衣類の洗濯での使用です。
 
酸素系漂白剤は漂白効果だけではなく、洗浄力もアップさせるんです。
 
そして実は、酸素系漂白剤だけで普段のお洗濯ができるんです。
 
酸素系漂白剤であるアルカリ剤「過炭酸ナトリウム」は油汚れを自然に乳化して落とす作用があります。
 
そして更に酸素系漂白剤は水に溶けたときに活性酸素が発生し、化学的に汚れを分解してくれるのです。
 
何度洗っても何故かタオルが臭い…。
 
こんな体験したことありませんか?
 
あの染み付いた臭いの原因は雑菌なんです。
 
この雑菌を消毒して嫌な臭いをスッキリと落とすのに便利なのが酸素系漂白剤です。
 
酸素系漂白剤には液体タイプと粉末タイプがあります。
 
臭いに関して言えば断然粉末タイプがオススメです!
 
何故かと言うと、液体タイプは粉末タイプに比べて除菌力が少し劣ります。
 
しかし粉末タイプは水に溶けにくいのがデメリット。
 
まずは液体タイプを使用してみてニオイが取れないようなら粉末タイプを使ってみるのもいいかもしれません!
 
ニオイを取るには浸けおきがオススメなのですが、そのやり方にも少し工夫が必要です。
 
浸けおきには水ではなく、40~50℃のすこし熱いお湯を使うのがポイントなのです。
 
桶に40~50℃のお湯をためたら酸素系漂白剤を入れて混ぜます。
 
この際火傷に注意してください。
 
そのお湯にタオルをつけて1~2時間放置します。
 
その後しっかりすすいで脱水(または絞って他の洗濯物と一緒に洗濯機ね入れてもOKです)したら完了です。
 
普段のお洗濯に少量ずつ使用していれば未然に雑菌が付くのが防げるのでオススメです。
 
2.お洗濯以外での便利な使い方
 
酸素系漂白剤の使い道はお洗濯だけではありません。
 
除菌力や水に溶けたときの活性酸素を利用して様々な場所のお掃除にも役立ちます。
 
私がよく使っている二つの場所のお掃除について紹介します。
 
まずひとつめは浴槽の風呂釜掃除です。今回はひとつ穴タイプの風呂釜の掃除方法についてです。
 
(1)まず風呂釜の5㎝くらい上になるようにお湯を張ります。残り湯があればそれでOKです!温度は40~50℃にしておきましょう。
 
(2)次に酸素系漂白剤を250g入れて手桶などでかき混ぜます。溶けにくい種類のものの場合、先に洗面器などで溶かしてから入れるとよいでしょう。
 
(3)お風呂の追い焚き運転を10分ほどします。このときにお風呂の椅子や洗面器、風呂蓋などを入れておくとついでにきれいにすることができるのでお得です!
 
(3)このまま2~3時間放置し、再び5分ほど追い焚き運転をします。
 
(4)お湯を抜いてざっと汚れを流し、また風呂釜の5cmほど上まで、今度はお湯ではなく水をためます。これを追い焚き運転で40℃くらいになるまでまわしたらすすぎが完了です!
 
3.一番のオススメは洗濯槽のお掃除
 
お洗濯や風呂釜掃除について説明しましたが、一番のオススメはなんと言っても洗濯槽のお掃除です。
 
よくドラッグストアで見かける洗濯槽クリーナーは塩素系漂白剤を使用しているもので、カビの除菌には効くのですが、根本の汚れを落とすのには向いていません。
 
酸素系漂白剤を使うとワカメのような汚れがたくさん浮いてきてゾッとしてしまいますよ!やり方は簡単です。
 
(1)洗濯槽に50℃くらいのお湯を張ります。ここに酸素系漂白剤を250~500g投入し、10分程回します。
 
この時毛布コースがあればそのコースで回すことをオススメします。そのほうが洗濯槽にしっかりと漂白剤が行き渡るからです。
 
その後10分程放置します。
 
(2)放置した後はまた10分程回します。
 
するとワカメのような汚れが浮いてくると思うので、網などですくい取ります。
 
回して放置して汚れを取るこの作業を三回ほど繰り返したら一晩浸け置きします。
 
(3)翌朝また10分程回して汚れをすくいとり、あとは洗いから脱水までを(できれば毛布コースで)行えば完了です。
 
汚れが残る場合は何度か繰り返してください。
 
とても便利な酸素系漂白剤。ぜひ今後役立ててみてください!