些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

ダイエット中でも満腹感をもたらす低カロリーの食材と料理法

スポンサーリンク

ダイエットを行うには食事のコントロールが基本ですが、食べたい欲求を抑えるのでどうしてもストレスがたまりがちになります。
 
そこでダイエット中でも低カロリーで満腹感を感じることができる食材やいくつかの料理法を紹介します。
 

1.おから

 

おからは低カロリーの割には満腹感をもたらします。100g中において100kcalぐらいです。
 
おから100gを食べるとかなりの満腹感を感じることができます。
 
おからに直接カロリーゼロの砂糖やカロリーカットの少量のマヨネーズやソースを加えて食べる方法もあります。
 
その他におからを使ったチャーハンは特におすすめです。おから100gを使用し、その上にハムや卵、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなどを加えるとかなりのボリュームがあり、低カロリーながら満腹感を感じることができます。
 
本来のお米を使ったチャーハンだとお米のカロリーは250kcalほどですが、おから100gだと100kcalで摂取カロリーを150kcalも少なくすることができます。
 
また、お好み焼き、たこ焼き、パンにもおからを代用することができます。
 
それらの料理はとても人気があっておいしいものです。
 
しかし元来はカロリーが糖質が多くて太る要素が大きい小麦粉が使われているので、どうしてもダイエット中においては敬遠しがちになります。
 
そこでおからを代用すると心おきなくそれらの料理を味わうことができます。
 
それだけでなく、コロッケにもじゃがいもの代わりにおからを使用することをおすすめします。
 
特にコロッケは糖質が非常に多く含まれているじゃがいもを大量に使うので、ダイエット中には適しません。
 
そこで低糖質で低カロリーのおからをじゃがいもの代わりに使用することをおすすめします。
 
このように満腹感をもたらすおからを使った料理を紹介してきましたが、おからは低カロリー低糖質だけでなく、食物繊維もたくさん含まれているので便秘の解消にも大きく貢献します。
 
便通がよくなると、体の中の老廃物が排出されて代謝がよくなり、ダイエット効果も大きくなります。
 

2.ささみ

 

ささみは高タンパク低カロリーの代表的な食品です。
 
それゆえにダイエット中にはぜひ取り入れたい食品です。特にささみともやしの蒸し物はおすすめの料理のひとつです。
 
もやしは低カロリーながら満腹感をもたらしてくれます。甘酸っぱい味をもたらすポン酢で味付けするとおいしく食べることができます。
 
また、ささみに低カロリーのきゅうりを加える方法もあります。
 
特においしく盛り付けるためにもきゅうりの青い色は魅力的です。
 
あと、ささみのケチャップ煮もこってりとした割には低カロリーです。
 
ダイエット中にこってりとしたものを食べたくなった時は、ハンバーグや酢豚といった
脂っこい物よりも、ささみのケチャップ煮を食べることは是非おすすめしたいです。
 

3.鍋物、汁物

 

鍋物や汁物はカロリーの少ない多くの種類の野菜を大量に使うので、ヘルシーな割には満腹感を大いにもたらします。
 
ささみ、牡蠣、たらなどのヘルシーで高たんぱくの食材やいろいろな種類の野菜、とうふなどを組み合わせて、すき焼きや豚汁など、いろいろな種類のものを作ることができます。
 
また、ちくわ、卵、ささみ、こんにゃく、大根、焼き豆腐といった低カロリーの具材をそろえたおでんもおすすめです。
 
それだけでなく、じゃがいもの代わりに大根をつかったポトフもおすすめです。
 
また、たれも豆乳、みそなどといろいろな種類のものを使うことによって、飽きることなく食べることができます。
 

4.まとめ

 

以上、ダイエット中においても低カロリーで満腹感をもたらすおすすめの食材や代表的な調理法についていくつか紹介しました。
 
それらの食材を使った料理法はまだまたたくさんあります。
 
本やネットを参考にしてレパートリーを増やして、低カロリーで満腹感をもたらす食生活を身に着けたいものです。