些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

美容維持には化粧水の効果を最大限に利用しよう

スポンサーリンク

化粧水は長年同じものをずっとこだわりを持って使い続けているというような人もいるものですが、理想的なのは今の自分の年齢になっている化粧水を使うという事です。

 

若い頃の肌と今の頃の肌は違うので大きく変化していないと自分では感じても、年齢の流れに沿って変えていくのが自然です。

 

ですがいくら化粧水の対象年齢があっているとはいえ自分の肌質に合わないものを無理に使い続けていれば老化にもつながっていくので注意です。

 

そして自分の肌に合っているものなのかどうかを知る目安として保湿が足りているかどうかということがあります。

 

1.化粧水は適量が命

適量と言われている分を肌に乗せてみて数時間たっても肌に残っている状態であったりすぐに渇きを感じてしまうようであれば保湿が足りていないとも言えます。

 

適量使ってみて保湿ができないようであれば、さらにそれ以上肌の上に保湿成分を乗せたところで効果を感じることができないことがほとんどなので、必ず適量を守ってつけて、ちょうど良いかを感じてみるようにもしましょう。

 

そして化粧水の効果というのは化粧水を肌に乗せた瞬間にわかるようなことも多いです。

 

馴染んでいくようなものであれば気持ちよさも爽快感も感じることができるのでおすすめです。

 

また染み入るような感じがするような時であってもヒリヒリと痒いような痛みを感じるような時であればそれは後で肌トラブルになる前兆でも あることが多いので良い効果が出ているのだと勘違いしないようにもすることがとても大事になってきます。

 

2.化粧水でダメな時はクリームで

 

うるおうタイプの化粧水を買っても、乾燥する季節はクリームがないとダメだということもあるものです。

 

ですから化粧水だけでいつもは潤っているのに、潤わなくなってしまった時は化粧水と同じメーカーのクリームを購入して肌状態を良好にするのも良いです。

 

クリームは必ずしも化粧水のメーカーと同じにするような必要はないですが、同じメーカーのものを使ったほうが相性も良く使えることが多いものです。

 

そしてクリームも顔だけでなく体にも使えるオールインのものを選べば、体の肌の乾燥保護も出来ておすすめです。

 

オールインワンゲルなどは単体で使うと乾燥することも多いですが、普段使いの化粧水に重ねて使うことでちょうど良い状態にもなるものです。

 

化粧水では物足りない時にはオ-ルインワンゲルなども活用してみましょう。

 

3.新しい化粧水ならイベントで発掘

 

そして新しい化粧水を自分で発掘したい人なら、美容関係のイベントに参加して良いものを新規開拓していくというのも良い方法です。

 

ですがこうしたイベントには同じような年代の女性が集まるので、自分の肌が見劣りしないように自分の肌の手入れも念入りにしておきたいところです。

 

そこで注目なのはピーリングです。すでに実際に体験された方もいるでしょうが、古い角質を落とすのに最適です。

 

ホームケア美容器を購入すれば、エステなどの高いプランを予約しなくても済みます。

 

ホームケア美容器で行うピーリングで古い角質を除去することで、痛みもほとんど伴わない、効果の高いピーリングを行うことができます。

 

ピーリングで新しい角質層が再生し、きめ細かなハリのある美しい肌へと生まれ変わります。

 

化粧水で肌を保護するだけでなく、古い角質を落として化粧水で整える美容方法も行うと良いでしょう。

 

ですがピーリングはもともと肌が弱い人には不向きであったり、乾燥肌の人であれば荒れてしまうことがあります。

 

また、健康的な肌の人であっても行うのは週に1回程度にして肌の表面に必要な油分を取りすぎないようにすることも覚えておくと良いです。