些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

ペット保険のメリットとデメリット

スポンサーリンク

ペットを飼っているご家庭はとても多いと思いますが、そのペットに対して保険をかけるかどうか迷っているという人もいるのではないでしょうか。
 
そこでペット保険に加入するメリットとデメリットを説明したいと思います。
 

1.ペット保険のメリット

 
ペット保険に加入する大きなメリットは安心感です。
 
ペットが遊んでいて足を骨折してしまった場合、ペット保険に加入していなければ動物病院での治療費は全額負担になってしまいます。
 
人によってはその金額の高さに驚くかもしれません。
 
でも、ペット保険に加入していれば加入したペット保険の補償内容によって治療費が負担されることになります。
 
たとえば治療費50%補償のペット保険に加入していれば、単純に治療費が半額になるのです。
 
ですから万が一、ペットが怪我や病気などになったとしても治療費の面で安心感を得られるのです。
 

2.ペット保険のデメリット

 
一方、ペット保険にもデメリットがあります。
 
それが保険料です。
 
保険に加入するのですから保険料がかかるのは当たり前ですが、仮に動物病院などにまったくお世話にならなかったとしても保険料を支払わなければならないのです。
 
ちなみに、ペット保険料はペットの大きさや年齢によってかなり金額に開きがあります。
 
特に重要となるのが年齢です。人間でも高齢になってから保険に加入すると高額になるように、ペットも高齢になってくると保険料が上がるのが普通です。
 
そして、一定の年齢になると加入すらできなくなってしまう場合もあります。

 

3.ペット保険に加入する際のポイント

 
ペット保険に加入を考えているならぜひとも抑えてほしいポイントがあります。
 
それは、各ペット保険会社のペット保険をしっかりと比較検討するということです。
 
どのペット保険も同じ補償だと思ったら大間違いです。
 
細かな部分で補償内容に違いがあり、そして料金も違ってきます。
 
料金が安いからと思って選んで、いざペットに怪我や病気などが起きて動物病院を利用したら補償が受けられなかったということがないようにしてください。
 
ちなみにペット保険に加入するならペットが若ければ若いほどベターです。
 
保険料も安いですし、ペットが一定の年齢になってもずっと保険に加入していられる場合が多いからです。
 
ペットが高齢になって慌ててペット保険に加入しようと思っても、加入できないといったケースがありますから注意してください。
 
ペットと飼い主さんの未来を考えてペット保険を検討してみてください。