些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

男性必見! ホワイトデーのエピソード

スポンサーリンク

バレンタインにプレゼントをもらった男性の皆様。
 
ホワイトデーに何を渡すか、もう決まりましたか?
 
ホワイトデーは女性にとって特別な日です。
 
そんな日を残念な結果に終わらせないよう、ホワイトデーのエピソードを集めてみました。
 
10代
バレンタインデーで念入りに作ったチョコケーキに対してのお返しが、チロルチョコ三つという何ともむなしいものでした。三倍返しとまでは言いませんが、せめて同じお菓子を返してもらいたかったです。また、そもそもお返しを渡さないという友人もいました。女子からもらった以上、何かしらを返すという姿勢は見せて欲しかったです。
 
10代の頃の話ですが、ホワイトデーに趣味の合わないイルカのペンダントを、当時の彼氏からプレゼントされ、ガッカリした記憶があります。
正直、「なぜイルカ?ハート等のオーソドックスな形のものにしてくれたら良かったのに...。」と思いましたが、すごく好きな相手からだったので、デートの時限定で付けていました。しかし、普段使いする気にはなれませんでした...。
 
私が中学2年生の頃の話です。バレンタインデーに、学校で禁止されていたチョコレートを持ってきて気になっていた男の子にあげて、ホワイトデーにお返しを持ってきてくれていたのですが、それが先生に没収されていたらしく、先生から返してもらったと言って私にくれたのが4月の頭でした。没収されるような手際の悪い人と付き合わなくてよかったと思う反面、何か一言あっても良いんじゃない、と思いました...
 
高校生の頃の話ですが、当時付き合っていた彼にホワイトデーのお返しはいらないから一緒に過ごしてくれるだけでいいと言ったら本当に一緒に過ごすだけで何のお返しもなく、かなりガッカリしました。確かに気を遣わせるのは嫌なので何もいらないと言いましたが、密かにサプライズを期待していた私は本当に何も用意していなかった彼に腹が立ちました。
 
学生時代に好きだった先輩へ手作りのチョコレートを渡しました。
私なりに告白も兼ねての一大決心で臨んだのですが、先輩はあまり本気に捉えてくれず、告白もされたと思っていないような雰囲気で終わってしまいました。
ホワイトデーの時、一応期待していたのですが、先輩は「あ、今日ホワイトデーだから」と言ってチェルシーをくれました。「特別に2個あげる」と言って2個くれましたが、私はきちんと手作りで心を込めて、ラッピングなども丁寧にしたのに、チェルシー2個ってどういう事?!とかなりがっかりというか虚しくなりました。
 
 
20代前半
バレンタインデーは海外のお土産も一緒に結構高価なものをあげたので少し期待していましたが、ただのお菓子の詰め合わせだったことです(笑)高いものが欲しいというわけではありませんが、あまりにも質素なもので少しがっかりしてしまいました。
 
20代の時に今の彼氏にバレンタインで手作りのチョコを作って渡してあげました。その日をきっかけに付き合う事になりました。彼氏が手作りの物が大好きと事前に言っていたので当日は喜んでいました。その一ヵ月後、付き合いたてで一番盛り上がっている時期だったので、アクセサリーでお返ししてくれるかと思っていたらまさかの手作りチョコ返しでした。ブランドのチョコならまだしも、溶かして固めただけのチョコをお返しされてがっかりでした。せめてプレゼントを添えてくれたらよかったのに、と今でも思います。
 
20代前半の頃、私が社会人、お相手は大学生でした。初めてのバレンタインで手作りのチョコレートを渡して大変喜んでくれました。
ホワイトデー当日、お返しを非常に楽しみにしていたのですが、返ってきたのは母親と作った手作りクッキーでした。お味はなかなか美味しかったと思います。心もこもっていて気持ちは嬉しかったのですが、ひとつ非常に残念でがっかりした事があります。それはお返しのクッキーの箱が私があげたチョコレートの箱だった事です。正直使い回しされたのがひきました。
 
大学生の頃付き合った他大の彼氏から、ホワイトデーのお返しにとアルミホイルの塊をもらった。中を開けてみるとボロボロに砕けたコゲの多いクッキーが…。
「作ったんだ」と照れた笑顔で言われたが、なんとリアクションを取ったらいいか解らず固まってしまった事があった。
バレンタインも自分が手作りしたものを渡したので、別にお返しが手作りのお菓子でも良いが『コゲてラッピングもしてない、鞄の中で砕けた』クッキーをくれた事がショックだった…。こっちは渡せるクオリティの物で、ラッピングだって買って綺麗なものを渡したのに。
 
今までのホワイトデーで一番がっかりした体験、それは24歳のときのことです。当時付き合って2年目の彼氏に、デパートで買ったちょっとお高めのチョコレートを渡しました。3倍返し、とまではいかなくとも、お互い社会人だし彼氏は年上・就職も2年早かったため、それなりのお返しを内心期待していたんです。でも、実際もらえたのはなぜかアニメのキャラクターがついた駄菓子の詰め合せ。しかも別に私がそのアニメが好きとかいうわけでもなく…正直目が点になりました。
 
20代後半
ホワイトデー、本命からはなにももらえず、バレンタインにチョコを渡していない男子からプレゼントをもらいました。ちょっと渡してないんですけどって言ってもプレゼントは受け取ってほしいらしく、本当にガッカリしました。バレンタインとホワイトデーってセットって聞いてたのに、違うじゃないですか!社会的詐欺ですよ。がっかり。
 
プレゼントに、このブランドの時計が欲しいとお願いしたら、ブランドは合っていたのですが、あまり趣味じゃないデザインの時計を頂いてがっかりしました。「ありがとう」とうれしい雰囲気を出しましたが、内心はショックした。あとは、お財布も頂いたことがあり、ショッキングピンクのお財布が欲しいとお願いしたら、普通のピンクのお財布でした。ショッキングピンクを知らなかったみたいです。失敗しました。
 
ホワイトデーのプレゼントですが、まさかのなんの飾り気もないチョコレートでした。
私もチョコレートは好きですけど…、何種類も作ってあげたので、私の労力無駄遣いじゃん。とガッカリ。
それも、冷蔵庫に入れとくからねー!と冷蔵庫にさっさと入れに行く彼。そこは普通手渡しでしょ?!と唖然でした。
私の家で、その日ばダラダラと過ごしてご飯を食べていたのですが、あ!そうだ!チョコレート食べようよ!と冷蔵庫から取り出してきた彼。
彼が最初に開けて、彼が最初に食べてました。
 
「ホワイトデーのお返し、頑張るね!」などと期待させるような事を何度も言われていたので楽しみにしていたのですが、ホワイトデーにくれたのは手作りのクッキーでした。
きみのために初めてクッキー作りに挑戦したよ!とドヤ顔で渡されたのですが、すごく美味しいとか手が込んでいるならまだしも、味も見た目もかなり微妙でがっかりました。確かに初めてで頑張って作ったのかもしれないけど素人の手作りなんて全然嬉しくないです。
 
20代後半のバレンタインデーに、同じデパートで働いている彼に初めてチョコを渡しました。まだ、話をしたこともなく恥ずかしくて勇気が出なかったので、先輩にお願いして、やっとの思いでチョコを渡しました。1か月後のホワイトデー、ドキドキしながらお返しを期待していると、デパート内にある進物コーナーに置いてあった、お年寄りが好みそうな急須セットでした。持って帰るのも重くて、何よりどうしてこんな物を選んだのか悲しくなりました。クッキーとかでよかったのに…。
 
ホワイトデーのお返しは何もなくバレンタインデーに贈り物をしたものを他の人からもらったものと勘違いされていたことがあります。行事に無頓着なのはどうしようもないのかもしれませんが、相手のことを考えながら贈り物を選んだこちらへの配慮がないことに悲しくなりました。チョコレートなどのお菓子は価値がわかる人に送るべきだと思いました。
 
30代
当時お付き合いしていた方にバレンタインデーにチョコレートとマフラーをプレゼントしました。ホワイトデーは彼の方から食事のお誘いがあり、期待に胸を膨らませていました。食事が終わる頃、そろそろかな?と思っていたのですが、そこでは渡されず、2件目のバーのような所に入りました。ここで渡されるんだ!と思っていたら、彼がどんどん無口に、どうしたの?と聞くと、別れてほしいと、、、あとから共通の友達づてに聞くと、バレンタインデーに他の女の子からチョコをもらい、その後いい感じに成ってしまったとか、、わざわざホワイトデーに別れを告げなくても、というか、もっと早く言え!と思いました
 
結婚した年のホワイトデーに夫からださいハートを持ったクマの人形をもらいました。それまでホワイトデーはスルーされていたので何かをしてくれたことには感謝しましたが、31歳の私に人形はないだろうと腹が立ちました。使い道がないので実家の犬(ゴールデンレトリバー)に渡したら一瞬で引きちぎられバラバラになりました。こんなものにお金を使うなら板チョコ1枚もらったほうがマシだと思いました。
 
義理チョコで同僚4つ年上の男性にリンツのチョコレートをあげました。ホワイトデーのお返しはそんなに期待はいつもしていないのですが、彼がくれたお返しにはすごく幻滅しました。イケメンタイプの人なので、もらうバレンタインチョコの数が多いこともあるのでしょうけれど、お返しがチロルチョコが7つくらい入ったアソートでした。こちらは2千円くらいの高いリンツのチョコを買ったのに正直言って割りが合わないと後悔しました。
 
バレンタインデーに会社の上司含め、同じ部署の方一人一人にチョコレートを買ってお渡しし、ホワイトデーのお返しが男性人からとまとめられた50代男性社員の手作りレモンケーキでした。
見た目はプロ並みなのですが、その男性社員が作っていることを想像し食べれませんでした。
そのレモンケーキのレモンは家で栽培されているもの。男性人全員でその手作りケーキというケチさにビックリしましたが、その後3年間レモンを使ったお菓子を返され続けました。
今年は別々にくれる予定ですが、期待できず。
 
去年のホワイトデーは平日だったこともあり、主人は朝早くから仕事で、帰りも夜11時頃でした。ホワイトデーだから、夜遅くてもコンビニで安いお菓子1つくらいは買ってきてくれるかなと淡い期待を抱いていたんですが、いつも通り、風呂、飯、寝るでした。もうがっかりです。結婚して数年経ったとはいえ、バレンタインデーにチョコを上げているので、お返しくらいして欲しいなと思いました。
 
バレンタインデーには私から、手作りのお菓子、普段の感謝を綴った手紙、少し高級なお店のチョコをプレゼントしました。手間をかけたことが嬉しかったらしく、またお店のチョコも私自身がすごく気に入っていた店のもので、彼もとても褒めてくれました。
そしてホワイトデーのお返しには、私が渡したチョコと同じお店のチョコを買って来ました…少し数が多いものでしたが、できれば彼自身で考えて、違うものが欲しかったです。ただチョコはすごくおいしかったです。
 
バレンタインデーに、高級なチョコとマカロンを手間ひまかけて作って両方渡しました。ホワイトデーにお返しされること自体忘れられていました。少し経ってから思い出しだようで、どこでも売っているようなチョコをお返しとしてくれました。手づくりのマカロンが大好きな人なのでとても喜んでくれたのに、こちらは少し残念でした。
 
職場のバレンタインとして、上司にチョコレートをあげました。その翌日に早速、ホワイトデーのお返しをいただきました。
その時の上司の言葉が、毎年の事だから用意していたとの事。この言葉に残念な気持ちになりました。
そして、その翌年にも全く同じ物をホワイトデーのお返しとしていただきました。もちろん、バレンタインデーの翌日でした。
 
付き合っている彼氏がイベントごとに無関心だったこともありますが、バレンタインでプレゼントをあげた時、すごく喜んでくれたので、ホワイトデーに会う約束もしていたのを楽しみにしていましたが、ホワイトデー自体も忘れていました。
ホワイトデームードなレストランで他のカップルがプレゼントを渡されているのを見て、さらにがっかりしてしまいました。
 
 
40代
バレンタインデーには、チョコ好きな夫のために毎年チョコを選んで贈ります。バレンタインの後は、私からのチョコと、職場でもらってきたチョコを、毎日ひとつずつ、選んで二人で一緒に食べるのが、ここ何年かも習慣です。コーヒーも豆から丁寧に挽いて淹れます。至福の時です。ところが!忙しさにかまけて忘れていました、ここ数年ホワイトデーにお返しをもらったことがない!今年気づいてしまった一番のがっかりです。
 
ホワイトデーに期待するなんて、若い女の子じゃあるまいし。と、思っていたんですが、やっぱり期待してしまいますよね。去年のホワイトデーには、せめてレストランでの食事か、何かしらのプレゼントを期待していたんだすけど、連れて行ってくれたのは、近所のラーメン屋さん。今日は餃子も奢るって言ってくれましたが、なんか違~うっ。
 
バレンタインの前に、気になる男性から「バレンタインにチョコちょうだい」といわれていたので、高級感のあるチョコレートを渡したのですが、ホワイトデーはランチをおごってくれただけでした。一緒に食事に行くと、だいたい支払ってくれていたので、ありがたいのですが、特別感は全くなく、さみしいホワイトデーで、期待外れでした。
 
 
まとめ
 
女性にとっても、ホワイトデーは特別な日になります。
 
そんな日に、がっかりさせないようプレゼントは、バレンタインデーに頂いたものと同程度あるいは、それ以上のものが期待されているようです。
 
そして、私のために選んでもらったと思えるものが良いようです。
 
難しいですけど、頑張れ男性諸君。