些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

茨城県の花見スポット

スポンサーリンク

茨城県の花見スポットを紹介します。
 
1.般若院
こちらは、1500年からその地にあるとされる、歴史ある天台宗の寺院です。
樹齢400年以上と言われる枝垂れ桜があります。
通常であれば3月から桜が咲き誇るとされています。
この桜の枝垂れている様は、はっとするほど美しいと評判です。
入園料は、かかりません。無料で花見をすることが出来ます。
ここは、お酒を飲みながら花見をする場所ではなく、じっくりと美しい桜を眺める場所です。
そのため、ピクニック感覚で行く場所ではないので、ここで食事はとれません。また、近隣にも食事する場所は少ないため、食事は済ませていくか、見終わってからどこかで取ることになります。
場所:
アクセス:
関東鉄道竜ケ崎駅から歩いて10分ほどで、こちらの寺院に到着します。
駐車場はありますが、花見の時期は混雑するので、電車を使用して向かうのがよさそうです。
 
2.乙戸沼公園
沼を囲むように約900本の桜が咲いていて、公園内には広々とした芝生もありますので、シートを広げてのお花見もできます。
散歩コースのようになっていて、ジョギングされている方もいます。
とてもきれいで、桜を見ながらゆっくり散歩するのもおすすめですよ。
ライトアップはされませんが、毎年3月下旬?4月上旬に行われる土浦桜まつりの会場のひとつとなっていますので、その期間は屋台も出ます。
公園から大通りまで出ると徒歩で行ける範囲にいくつか飲食店もありますので、食事に寄ることもできます。
入園料等はかかりません。駐車場も無料ですが、桜が満開の時期は混雑します。
場所:
茨城県土浦市中村西根地内
アクセス
【電車】JR荒川沖駅からバスで約15分、関鉄ニュータウンつくば下車、徒歩すぐ。
【車】常磐道桜土浦ICから約15分
 
3.かみね公園
ソメイヨシノやヤエザクラ等合計1000本以上の桜が咲き誇り、4月になると県内だけでなく近隣の県からも桜目当ての観光客が訪れる茨城県日立市のかみね公園。
日本さくら名所100選」にも選ばれています。
入園料は無料、併設の遊園地も入園するだけなら無料、700台を越えるスペースの駐車場も無料とリーズナブルに利用出来るため家族連れで楽しめる県内を代表するレジャースポットの一つとして長い間親しまれています。
かみね公園には上記の他にも徒歩で行ける範囲にレジャー施設や温水プール、動物園、吉田正音楽記念館があるため桜を楽しむ以外に一日中いても飽きが来ないのが特徴です。
4月1日〜16日までは夜になると提灯や行灯によるライトアップも行われるので、和風な演出に趣のある桜が目と心を楽しませてくれます。
園内にはフードコート以外にも吉田正音楽記念館の5階に展望カフェがあり、お手頃な価格で眺めのいい景色とがケーキを味わえます。
電車で向かう際はJR日立駅で降りてからバスで10分程かかりますが、道中の平和通りも約1kmに渡り100本を越えるソメイヨシノが咲いているため美しさに到着が惜しく感じられるかもしれません。こちらも4月1日〜16日まで同じように「日立さくらまつり」としてライトアップを行っています。
場所:
茨城県日立市宮田町 5 丁目 2 番 22号
アクセス:
JR常磐線日立駅より日立電鉄バスで10分 かみね公園口下車。
常磐自動車道 日立中央ICから、日立有料道路、県道36号線経由し、二つめの信号(国道6号線)を左折、いわき方面へ約3分。