些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

入社式での女性の服装はどうすればいいのか

スポンサーリンク

 入社式にどのような服装をしていけばいいのか、これは女性新入社員にとっては重要なことです。

女性は女性の服装に対して、男性以上に注目します。

第一印象でその人間のイメージというのは定着しがちでので、最初にもたれたイメージをその後に覆すというのは、かなり骨が折れる作業になってしまいます。

それだったら、最初の入社式で良いイメージを与えることが大事になってきます。

 

1.避けるべき服装

 まずこのような格好をしないほうがいいということを抑えておきましょう。

それは個性を出して目立とうとしないことです。

どうしても、よく思われたい。センスのある人間だと思われたいと、人間は考えてしまいます。

なのでいきなり、他人と差をつけないといけないと考え、個性を主張する方向で服装を決めてしまうという人がいます。

しかし、入社式で個性的な格好をして、いいイメージを持たれることは難しいでしょう。

はっきりいって先輩社員は新入社員のことを下に見ています。

見下すまではいかなくても猜疑心を持って見ていることの方が多いです。

もし、あなたが個性的でセンスのある格好をしていたとしても、それをすんなり受け入れて認めてもらえるということは考えない方がいいでしょう。

何あの女という目で見られる可能性の方がはるかに高いです。

特に女性は同性に対して、敵対者とみる向きもありますので、無駄に目立っても自分の知らないところで敵を作る可能性すらあるのです。

 

2.好ましい服装

 

では逆にどのような服装をすればいいのか。

それは先ほどとは逆に目立った服装をしないということです。

皆と同じような服装。個性を殺した服装。これでなんの問題もないのです。

社会はあなたの個性など、最初から興味がありません。

全面的に受け入れてなどもらえないと思った方が賢いでしょう。

なので入社式という場では極力目立たない方が無難です。

その中で良好なイメージを持たれるのは、個性的なセンスなどではなく、控えめさ、清潔感などです。

綺麗に髪や服装などを整えるだけで、悪い印象を与えることはありません。

それだけできれば入社式の服装とすればバッチリです。

就職活動でしていた服装で全く問題ありません。

それでダサい人だなと見下してくるような人はほとんどいません。

気合の入れどころをくれぐれも間違ってはいけないのです。

会社に入って、先輩社員や上司がどのように自分のことを見ているのかと考えることが重要なのです。

最近の若いもんはとは、いつの時代でも言われることですが、先輩社員も上司も、少なくとも新入社員より自分の方が常識がある。

自分の方が人間的に優れている、自分の方が正しいと思っています。

そう考えている人間に対して、ぶつかるようなことをしてもなんの得もないのです。

そのことをまず理解しておく必要があるのです。

新入社員は、素直に謙虚に控えめにというのはそういった理由があるということです。

いきなり個性を認めてくれるほど優しい社会ではないのです。