些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

料理でストレスを発散できる理由と方法のポイントは?

スポンサーリンク

学校で、会社などでストレスを溜めて家に帰ってくるという人は現代では非常に多いと思いますけど、ストレスが溜まったときにはそれを発散することが重要になります。

方法としてはいろいろなものが思いつくと思うのですが、実は料理を通じてストレスを解消することもできます。

料理を普段からしている人、得意な人はこういった方法もあるということは知っておいてほしいです。

料理がストレス発散になるというのは、イマイチ想像できないかもしれませんけど、その理由などを知ると、試してみたくなるという人もいるのではないか?と思います。

嫌なことがあって、ストレスが溜まっていると感じたときには、料理をすることでその気分を変えていくと良いのではないでしょうか?

 

1.料理がストレス発散になる理由

ストレス解消のための方法というと、モノに当たる系の行為が結構思いつきやすいのです。

サンドバッグを思いっきり蹴る、殴るみたいな光景は容易に想像できると思うのですが、料理でもそういった部分を実現できるのです。

というのも、料理は言ってしまえば食材を切り刻んだりする行為が必要なので、それがストレス発散に有効なのです。

むかつく人を食材に見立てて、包丁で切り刻むとかは特に分かりやすいと思いますけど、モノに当たり、それを壊すというプロセスが料理の中には含まれているため、料理を通じて結果的にストレスを解消することができるということになります。

だから、普段自炊をしない人は自炊をすることで、ストレスを溜めづらい生活に変えられるということも言えるのではないか?と思います。


2.完成物を目にすることで満足感が生まれる

ストレスを解消する方法の1つには例えばカラオケに行って歌を歌うというものがあります。

これは楽しい時間を過ごすことで嫌なことを忘れるという効果があるのです。

たいていのストレス発散の方法はこういった楽しいことをして、嫌なことを忘れるというプロセスを含んだものになりますが、料理はちょっと違います。

すでに話したように食材を切り刻んだりする破壊行為がストレスを発散する効果を持っているという面もあるのですが、それとは別に形に残るものを作ることで、それを完成させたときの満足感によって嫌なことを忘れるという効果もあるのです。

やっぱり形に残るものを完成させたときの充実感や達成感はかなりのものがあると思います。

そのときに感じる満足感によって、嫌なことを忘れてしまうという面も料理には見出せるのは、こういったところにも効果があるということが言えるのです。

 

3.ストレス発散のために料理をするときのポイント

料理をすることでストレスの発散につながるということは分かってもらえたと思うのですが、作るものは何でもいいわけではありません。

例えば、初挑戦の料理というのはあまり適していません。

なぜならば、上手くいくか?どうか分からないからです。

実際に作っていて上手くいかないような状況になると、これは逆にストレスが溜まります。

だから、確実に上手く作ることができるような簡単な料理、または過去に何度も作った経験のある料理がおすすめです。

また、手順の中に食材を切り刻んだり、壊したりする行為に近いプロセスが含まれている方が望ましいです。

そういったプロセスがあった方が、ストレスを解消できるタイミングがより多くなるので、そういったところもあらかじめ考えたうえで、作るものを決めていくと良いと思うのです。

料理をしてストレスを発散するという方法は意外と知られていない可能性もありますが、日常的なものであり、かつ実行しやすいと思うので、多くの人におすすめです。

料理を作る中でストレスを解消し、できたものを見て満足感に浸り、それを食べて美味しいと感じることで、嫌なことは完全に忘れてしまっているという状況もありえますから、家にいるときには特にやってもらいたいと方法になるのです。