些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

バーベキューで役に立つ!掃除いらずのステンレス製コンロ

スポンサーリンク

皆さんは休日に何をして過ごしますか?
日々の労働の疲れから解放されるために休日は家でのんびりと過ごしたり、自分の趣味を堪能している人が多いかもしれません。
インドアももちろん楽しめるのですが、せっかくの休日なら家族や友人達と外出をしてバーベキューなどもいかがでしょうか。
自然豊かな環境に囲まれた空間で仲の良い人達と一緒に普段の日常生活では体験できないことをすることは、心のリラックスになります。
しかしこういった楽しいはずのイベントも準備不足がたたると、途端にストレスのたまるものとなってしまいます。
特にバーベキューでは持ってきたコンロがメンテナンス不足で錆びていたりすると、コンロが使用できないのはもちろん、違うコンロを探したりするための手間がかかったりしてしまいます。
そういったことにならないようにコンロ選びのちょっとしたコツとメンテナンスの仕方をご紹介します。
 

1.コンロの種類

バーベキューで使用するコンロには大きく2種類あります。
まず1つ目は鉄製のコンロで、こちらは昔から使われてきたタイプのコンロです。
鉄製のコンロのメリットはとにかく安いことです、物によっては1000円台で買う事ができるので器具に使う費用を抑える事ができます。
2つ目の種類はステンレス製のコンロで、こちらのコンロは鉄製のコンロと比較すると少し高めの値段になっていますが、性能に関しては鉄製のコンロと比較してとても優秀なものになっています。
まずステンレス製のコンロは重量がとても軽いです。
バーベキューでコンロを持ち運ぶ際にも鉄製のものと比べると断然に運びやすく、女性でも持ち運ぶ事ができます。
また耐久性も高く、錆びに強いことも特徴の1つで、鉄製のコンロでは使用した後にふき取りをしっかりと行ったと思っていても、少しでも水分があるとそこから錆びが侵食してしまいます。
ステンレス製コンロは錆びの心配が要らないため、最低限のメンテナンスでも錆びが発生することはないのです。
もちろんステンレス製は価格が高めであるというデメリットもありますが、それを差し引いてもメリットが多いのでコンロ選びに関してはステンレス製の物をお勧めします。
 

2.メンテナンスの仕方

では具体的にステンレス製のコンロのメンテナンスのやり方をご紹介します。
ステンレス製でもあくまで錆びにくいだけなので、水で洗っただけなどの洗浄方法ではコンロが痛んでしまいます。
水だけで洗い流すのではなく、スチールウールなどを用いて汚れを重点的に落としておきます。
特にお肉を焼いた油の焦げ付きを残しておくと、次に使用するときにはこびりついてしまうため焦げ付きはきれいに落としておきます。
汚れを落とした後はすぐにしまうのではなく、日当たりの良い場所において乾燥させるようにします。
水分も残っているとコンロを痛めてしまいますので、しっかりと乾燥させたところでしまい、保管するようにします。
最低限でもこれくらいのメンテナンスが必要にはなりますが、思っているよりは難しい作業ではありません。
また次に使用するときのためにコンロの洗浄はしっかりと行いましょう。
 

3.まとめ

以上のことからバーべキューで使用するコンロはステンレス製の物がお勧めです。
やはりせっかくのバーベキューはストレスなく行ってこそ楽しめるものですので、器具には準備を怠る事はできないでしょう。
ましてやコンロで失敗したとなれば皆の気分が下がってしまいます。
限りある貴重な休日を台無しにしないためにも、あらかじめ情報を確かめておき、最高のバーベキューを行えるようにしましょう。