些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

子育てをして自分の時間を持つようにするのはいつからが良いのか

スポンサーリンク

昔から子育てをしている人の悩みとしてあるのが自分の時間をいつから持てば良いのかというのがあります。
今も昔も子育てをしていたらある時期までは自分の時間を持てないのは仕方ないという考えがあります。
 

1.実際に子子育てをしている人はいつから自分の時間を持つのが望ましいか

では実際に子育てをしているような人はいつから自分の時間を持てるようになるかというと、それはやはりある程度子供が大きくなってからという事になります。
 
ただそうは言っても昔と今では多少違う点もあります。それは何かというと、子供がある程度大きくなる前でも気晴らしの時間を持てるようにしていくのが大事というのがあります。
 
昔は本当に子育てで忙しい人は子供が大きくなるまでは呑気に遊んではいけない、という風潮がありました。なので昔は子育てをしていたら自分の時間は一切持てなくても仕方ないというのが一般的でしたが今は少し違ってきています。
 

2.今の時代は子育てをしていても自分の時間が持てるのか?

では実際に今の時代は子育てをしている人でもその最中に自分の時間が持てるかというと昔よりは持ちやすくなっているのは確かです。
 
ただしそれには周囲の人間の理解が必要になってきます。
なので周囲の人間が子育てをしている人に自分の時間を持って欲しいと思っているかどうかというのが大事になってきます。もし周囲の人間が子育てをしているのだから自分の時間が持てないのは仕方ないと思うならどうしようもないです。
 
ですが最近はそういう風に思う人自体少数派になってきました。
特に夫の理解が昔と比べて得られやすい環境になっているので子育て中でも、自分の時間を持って欲しいと思う人がかなり多くなっているのは確かです。
 
なので昔みたいに子育て中だからという理由で自分の時間を持てないのは当然という感じではありません。子育てで忙しい女性にも自分の時間を持って欲しいと考える人が多くなっています。
 
ただ相変わらずそうは思わない人がいるのも確かです。なぜならそういう人は自分が子育てをしていた時に自分の時間を持てなかったという苦い経験があるからです。
 
なので自分が子育てをしていた時は自分の時間が持てなかったという理由で、今子育てをしている世代にまで同じ考えを押し付ける人もいます。
 
確かに昔はそれが当たり前だったかもしれないですが今はそれは非常識になりつつあります。
今は子育てをしている人も自分の時間を持たないとストレスが溜まって大変な事になる事もあるからです。
 

3.子育てをする人も自分の時間を持った方が良い理由

では何で今の時代は子育て中も自分の時間を持った方が良いという考えが出てきたかというと、女性も外で働くのが普通になって休みの日は自分の時間を持つのが女性も普通になってずっと家の事をやるのが当たり前ではなくなったというのがあります。
 
なので子育て中とは言ってもその間ずっと自分を殺して自分の時間を持たないというのは急にそれまでとは全く違った生活になって体に不調をきたす事もあります。
 
実際に子育てが忙しくて自分の時間が持てないのが苦痛で病気になってしまう人もいます。
なので基本的には子育てを終えてから自分の時間を持てるようになるというのはその通りですが、子育て中でも自分の時間を持てるように周囲の人間が協力して子育て中でも自分の時間が持てるようにしていくべきです。
 
そうしないと本当に抑圧された環境に身を置く事になって大変だからです。
なので子育て中だから一切自分の時間を持てないというのは良くないですし、改善していくべきです。
 
それによって家庭も円満になりますし良い事の方が多いからです。
一概に子育てをしているから自分の時間を持てないのは当然という考えは、間違っています。