些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

会社での人間関係が最悪なときにとるべき対処法

スポンサーリンク

人間関係というのは人の悩み種になりがちな問題の1つですが、会社での人間関係は特に深刻になることがあります。
というのも、会社での人間関係というのは基本的には選べません。
選べる立場の人はかなり限られており、どうしても自分とは合わないと感じる人とも一緒に仕事をしないといけない瞬間というのがあるはずです。
そういった苦労は多くの人がしていると思われますが、特にその苦労が酷いと感じる場合、特に会社での人間関係が最悪と感じるときには何らかの対処をしないとストレスが溜まりっ放しになってしまいます。
したがって、会社での人間関係に悩んでいる人はその状況をいろいろなやり方で改善することを考えましょう。
特に重要なのは自分自身を変えるということになります。

f:id:mimizuknoko:20180324093548p:plain

1.人間関係が上手くいかなくて当たり前だと妥協するのも重要

会社での人間関係というのは上手くいくこともありますが、上手くいかないことがあって当然だと思うようにしましょう。
自分が会社における人間関係に悩んでいるとしても、同じ悩みを持っている人は他にも大勢いるということを知るべきです。
そして、相性とか好みによって一緒に働く人間が決まっているわけではないという前提に立つと、会社の人間関係が最悪な状態があったとしても、それは不自然じゃないのです。
もはや会社で働くということはそういうことだと思い込ませると、人間関係につまづいたときでもストレスが溜まりづらいのではないでしょうか?
例えば、道を歩いていて赤信号で待たされるのは当たり前の光景として多くが認識しているはずなので、赤信号で待たされたとしてもいちいちストレスなんか溜まらないでしょう。

それと同様に、会社での人間関係が思わしくないということも当たり前のことだと思えれば、それがストレスにはなりづらいのです。

 

2.合わないと感じる人に従順になってみる

会社での人間関係においては特定の人間に対して合わないと感じることが多いのではないか?と思います。
そういったときには、あえてその人間に対して従順になってみるのも良いと思います。
例えば、自分が悪くないのに自分が怒られているというときには、その怒ってくる相手に対して不信感や嫌悪感を覚えると思うのですが、そこで反論をするとさらに状況は悪化する可能性があります。
したがって、あなたの言う通りだといった感じで従順に振舞うことで、相手方の自分に対する印象を良くすることができますから、それによって相手方の自分に対する振舞い方が変わる可能性があります。
これが特に上司とかの場合には顕著で、自分に対して素直な部下というのは好印象になりがちなので、そういった姿勢でいるというのは上司との人間関係を良好に持って行くときには仕える手になります。

f:id:mimizuknoko:20180324093600p:plain

3.信頼できる人に愚痴を聞いてもらう

仕事上で嫌な人間がいたときには、その人の愚痴を誰かにこぼすと良いです。
自分が信頼できると思っている人ならば、ある程度共感してくれるはずで、共感してもらえれば自分には仲間がいると思えるでしょう。
そして、共感してくれる人間が自分以外にもいることで、自分は悪くない、悪いのはあいつだと認識しやすくなり、それが1つのストレス発散にもなると思うのです。
それは仕事の同僚でも、家族でも、恋人でも誰でも良いと思いますけど、愚痴をこぼす相手がいると、結構救われるものです。
そういった感じで、相談する相手がいるというのはいざというときには大きいです。
会社の人間関係が最悪というときには、だいたいが上司関連だと思うので、自分よりも立場が上の人間に歯向かうことはしづらいと言えます。
そういったときには上司との関係をさらに悪化させないように解決に導くことが望ましいでしょうから、こういった方法をとるというのは良いのではないでしょうか?
どうしても会社での人間関係が厳しいと感じるときには転職をするという手もありますけど、そこまでするほどではないというときには、こういった手段をとるのがおすすめというのは知っておいてほしいと思います。