些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

超敏感肌!どうしよう日焼け止め、紫外線対策。

スポンサーリンク

紫外線が多くなる季節。外に出る時に、日焼け止めを使って肌を紫外線から保護したいと思っても、肌が超敏感で日焼け止めを塗る事もできないという方がいらっしゃると思います。
 
紫外線が多いからといっても、外出しなければならない時もありますよね。
紫外線が少ない時間帯に外出というのも、不便ですよね。
 
超敏感肌で日焼け止めが濡れない、だから思うように外出ができないといったことが解消できる日焼け止めがあります。
 

1.超敏感肌でも日焼け止めが使える場合とは

実際に超敏感肌の人でも日焼け止めが使える場合とは、どういう場合かというと、肌に直接塗るタイプの日焼け止めでなく飲み薬タイプの日焼け止めです。
 
これなら、いくら肌が超敏感でも関係ありませんね。

2.飲たむタイプの日焼け止めが良い理由

飲み薬タイプの日焼け止めは、より簡単に全身の日焼け止めが可能になりますので、塗るタイプの日焼け止めが使えなかった超敏感肌の方以外の方も、より日焼け止めの効果が期待できます。
 
つまり、普通の塗るタイプの日焼け止めですと、時間がないときに、部分的に塗りムラがあったり、塗り忘れなど起こしてしまいます。当然、このような部分は、日焼け止めの効果がないのですが、飲み薬タイプでは、このような心配がなく、全身の日焼け止めができます。
 
特に、効果が大きいのは、目から入る紫外線です。日焼け対策というと、肌を守ろうと思いがちですが、目から入ってくる紫外線にも注意が必要です。
 
紫外線は、肌に浴びたところが日焼けするのですが、それだけではなく、体内に吸収されることで日焼けすることもあります。日焼け止めを塗っているのに、なんか日焼けしたような、というときは、実は目から紫外線を吸収したことが原因ということもあるのですね。
 
飲み薬タイプの日焼け止めは、肌だけではなく、目から吸収される紫外線からも、体を守ってくれます。

3.まとめ

如何ですか?
飲むタイプの日焼け止めは、塗るタイプの日焼け止めよりも、日焼け止めの効果が高いです。
飲み薬タイプの日焼け止めなら、朝の忙しい時間に、日焼け止めを塗る時間がない、塗り忘れたといった心配もありませんね。
是非、試してみてはいかがでしょうか?