些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

化粧下地として日焼け止めを塗るだけでも良いのか?

スポンサーリンク

化粧下地はべたつくし面倒なので、日焼け止めだけ塗っていれば日焼け防止にもなるし、べたつかないから日焼け止めだけで済ませる人も多いですが、日焼け止めだけ塗っていれば安心なのか?について調べました。
 

1.日焼け止めだけしか塗らないのは効果的ではない!

化粧下地の代わりとして日焼け止めしか塗らないというのは日焼け止めの効果を最大限に発揮できないのです。
それは、日焼け止めだけだと触っただけでも落ちやすく、下地が無いと日焼け止めが流れやすくなり、流れ落ちして待った部分が焼けてしまい、せっかく塗っても落ちやすい状態となるので化粧下地なしで日焼け止めだけ塗っておけば良いというのは、日焼け止めの効果が落ちてしまい、余計に日焼けを悪化させてしまうので日焼け止めだけでなく化粧下地もきちんと塗るべきなのです。
落ちやすい日焼け止めだけ塗っても、肌に密着できる時間も短いので流れ落ちてしまったところが焼けてしまったりと肌に負担を与えてしまうので、日焼け止めは塗ったから安心というわけではないことを覚えておきます。
 

2.日焼け止めと化粧下地にはそれぞれ違った役割があるので両方塗ることが効果的

日焼け止めと化粧下地はそれぞれ違った役割を持つので、日焼け止めだけ塗っても化粧下地の代わりにはならないのです。
 
日焼け止めは紫外線から肌を守り、肌の老化を防いでくれる役割があります。
日焼け止め自体はカバー力が高いものではないので、日焼け止めだけ塗っても化粧下地の代用にはなりません。
 
一方、化粧下地は化粧のノリや発色を良くしてくれる役割があります。
日焼け止めではカバーできない毛穴や顔の凹凸を埋めて肌のベースを美しく整えてくれるので化粧下地です。
化粧下地の中には紫外線を防ぐ効果があると書かれているものもありますが、その効果は高くありません。
化粧下地だけでは日焼け止めの代用にはなりません。
 
よって、日焼け止めは紫外線による肌老化を防ぐ役割があり、化粧下地は化粧のノリや発色を良くし、肌のベースを整えてくれる役割といった違った役割を持っていることが分かります。
なので、日焼け止めだけ塗っても化粧下地の代わりにはならないですし、化粧下地にある紫外線防止効果は日焼け止めと比較すると小さいので化粧下地だけ塗っても日焼け止め代わりにはならないのです。
日焼け止めと化粧下地両方きちんと塗ることでお互いの効果を最大限に引き出しやすくします。
 

3.日焼け止めと化粧下地を両方塗る際の効果的な塗り方

日焼け止めは肌を乾燥させやすい成分が配合されているので保湿成分を含んでる化粧下地と組み合わせるのが良いです。
また、化粧下地は紫外線防止やカット機能が低いので日焼け止めはSPFPA値が高いものと組み合わせることでお互いの弱点を補ってくれます。
 
日焼け止めと化粧下地を組み合わせる際は、先に日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗るようにします。
日焼け止めはすぐに落ちてしまうので日焼け止めを先に塗っておいて、それを化粧下地が包み込んでカバーしてくれるので、日焼け止めが落ちて焼けてしまうのを防止します。
日焼け止めが落ちてしまったり、日焼け止めだけでは肌のテカリが目立ってしまいますが、化粧下地を後から塗ることで下地に含まれている成分が余分な皮脂を吸収してくれるので、テカリを防止してくれる効果も期待できます。
 
日焼け止めを先に塗っておくことで、後から塗る化粧下地が密着してくれるので、日焼け止めが落ちずに紫外線による日焼けや肌老化の予防効果を引き出しやすくします。
落ちやすい日焼け止めを化粧下地が包んでカバーしてくれるので日焼け止めを先に塗り、その後に化粧下地を塗ることで両方の良い部分を活かすことができます。