些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

バターとマーガリンは互いに代用できるって本当?

スポンサーリンク

バターとマーガリンの違いを考えたことがあるでしょうか。

なんとなく、バターと言うのはお菓子作りなどに使うもの、マーガリンと言うのは朝食で食べるトーストに塗るもの、などと考えている人もいるかもしれませんね。

 

1.バターとマーガリン

バターと言うのは動物性、マーガリンは植物性です。

バターと言うのは風味が大切にされており、だからこそクッキーやお菓子などに使われるんですね。

バターは、料理には欠かせませんし、その一方でマーガリンはあっさりとした味わいが特徴であり、サンドイッチなどによく使われます。

また、バターは、冷やすと硬くなり、室温に置いておくと柔らかく、温めると溶けると言う特徴がありますが、マーガリンの場合は柔らかくなめらかで、生地に練り込みやすいと言う特徴があります。

また、バターは冷凍保存ができませんが、マーガリンの場合は可能です。

実は、マーガリンと言うのはバターの代用品として発明されました。

そのため、基本的にはお互いを代用する事は可能です。

お菓子を作るときにバターがないからとマーガリンを使ったとしても、まず問題はありません。

ただし、もしもお菓子を作るときにバターの風味が欲しいと思うのであれば、マーガリンでは代用が難しいと言えるでしょう。

 

お菓子を作る場合、無塩バターが好まれますよね。

酸化しやすく、塩が含まれているものよりも賞味期限が短く、無塩バターを購入したらすぐに使い切らなければいけません。

もしも無塩バターでお菓子を作りたいと思うのであれば、有塩バターでは代用ができません。

有塩バターには100グラムあたり、大体1.5グラムほどの塩が含まれています。

そのため、無塩バターを必要とするお菓子に有塩バターを使うと、その風味を壊してしまう可能性があります。

バターがないと思ったら、まずマーガリンで代用しましょう。

マーガリンは空気を多く含み、冷えても固まりにくいため、なんといっても料理と言う作業が楽になります。

また値段も安いですから、お菓子作りも頻繁にできますね。

 

 

2.バターや、マーガリンの代わりは?

 もしもバターがない、マーガリンまない、と言う場合、サラダ油を代用することも可能です。

もちろん水分量が多いため、レシピよりも5割から6割に抑えて使う必要がありますし、パイ生地など水分を好まないお菓子には不向きです。

しかし、クッキーやビスケットなどにはサラダ油が代わりになります。

サラダ油でなくても、例えばココナッツオイルやオリーブオイルも良いですよ。

ごま油は癖が出てしまいますからあまり向いていません。

ただし、ごまクッキーなどには向くかもしれませんね。

味わいが少々変わってしまいますが、カロリーが気になるならばヨーグルトやサワークリームでも代用が可能です。

また、実はマヨネーズでもバターの代わりになります。

というのは、マヨネーズには余分が多く含まれており、これがバターの代わりになってくれるのです。マヨネーズで作ったクッキーは意外においしいですよ。

さらに、牛乳と生クリームがあれば自分でバターを作ると言うことも可能です。

このように、バターとマーガリンは十分に対応が可能です。

特にお菓子を作るとき、バターをいちいち買わなければいけない、しかしバターを買っても使い切らなければいけない、などと言うことで何となく気が向かない、お菓子を作るのがめんどくさいと思う人もいるかもしれません。

そんな時はマーガリンで作ってしまいましょう。成分が違うと言うだけで、バターとマーガリンは同じ分量で使うことが可能です。

もちろん、朝食でトーストを食べる時、マーガリンがなければバターを使うことも可能です。

もしも片方はあるけれどもう片方が必要と言う場合は、ぜひ試してみて下さい。

問題なく代用できますよ。