些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

雨でランニングができない場合のおすすめな過ごし方

スポンサーリンク

健康やダイエットの為にランニングを日課としてしている人は多くいらっしゃると思います。天気の良い日は走っていても気持ちが良いですし、走ることはストレス解消に繋がります。
しかし梅雨の季節になって毎日雨など降られるとなかなか走るというのも難しくなってしまいます。
ここでは雨でランニングが出できない場合の過ごし方について、目的別にご紹介します。
 

1.水泳をする

ダイエットを目的にランニングをされているのであればやはりこれが一番です。泳ぎ方にもよりますが、ランニングよりも水泳の方が消費カロリーが高いこともあります。
消費カロリーを意識されているのであればお勧めです。
さらに水泳の方が膝や腰の負担も少ないので継続して行う運動としても適しています。泳ぐことがあまり得意ではなくても、プールの中で歩いているだけでもかなり全身に負荷がかかりますので効果は見込めます。
プールに行くにはジムに登録していなくても、お住まいの市町村の市民プールのようなところがあると思います。温水で年中利用可能なところも多くありますので、一度調べてみてください。
 

2.いつもより多く歩いてみる

 
健康維持のための運動であったりリラックス効果をランニングに求めているのではあればウォーキングが良いでしょう。
消費カロリーはランニングには敵いませんが、30分ほど歩くことは程よい運動として健康維持には適しています。また、ウォーキングにはリラックス効果もありますので、気分転換のためにランニングをしていたという方にはお勧めします。
私もランニングができない日はウォーキングにしています。ぼんやりする時間が好きなので、晴れていてもランニングよりもむしろ長時間できるウォーキングを選択する場合もあるくらいです。
ウォーキングと書くと堅苦し感じがしますが、要は「歩く」だけです。無理に道具や服を揃えてと考えなくても、例えば会社から帰るときに一駅前で降りてみるというだけでも十分です。
 

3.ランニングマシンを使う

とにかくランニングでなければ満足できない、という方の代替え案はやはりランニングマシーンを使うことでしょう。天候を選ばずにいつでもできるということは大きなメリットです。
もちろん利用には個人でマシンを購入されるかジムに行く必要がありますが、自分の好きなペースで走ることができるので道を走るよりも効果を上げやすいともいえます。
ジムに通えば他のトレーニングマシンも使うことができますし、これを機にジムに登録されるのも良いかもしれません。
 

4.他の趣味の時間にする

ランニングが趣味だという方はその楽しみが奪われてストレスが溜まっていることでしょうが、割り切って他の趣味の時間に充ててもよろしいのではないでしょうか。
雨が降ってランニングができない状態で無理してランニングをする道を模索するよりも、他の楽しみに時間を使う機会だと前向きに捉えてみてください。
ランニングは走っている最中も勿論ですが、準備やクールダウンを含めると割と時間をかける必要がある趣味になっていると思います。その浮いた時間を有効活用することを考えられた方がよろしいでしょう。
 

5.休息日にする

目的別やご自身の体力、運動経験にもよりますが元々ランニングは週に3回程度というのがおすすめな頻度です。そう考えると雨でランニングが出来ない日が何度か続いたとしても、適切な頻度を維持することは不可能ではないと思います。
さらに継続してランニングをしている人には少なからず足の疲労も蓄積されているはずです。雨で強制的な休息日とされてしまいますが、逆に身体を休めるための良い機会だと考えて休んでおきましょう。
そうした方が結果的にランニングを長く続けることができるのではないでしょうか。
 
日課や趣味を天候に左右されるのは面白くないですが、誰もお天気には勝てません。雨の中レインコートを着てランニングしている方を見かけることもありますが、アスリートでもなければそこまで無理する必要もないでしょう。
雨の日は雨の日なりの過ごし方をするというのも、長くランニングと付き合っていくコツだと思います。