些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

酵素とはどの様なもので、生酵素や麹酵素とどう違うのか

スポンサーリンク

1.酵素とは具体的にどの様なものなのか

酵素とは人間が生命を維持していくのに大切な栄養の一つです。

人間に必要な栄養素を活発に体内で活かすための成分や、他にも体内で起こる化学反応を起こすためのものです。

体内の場所や働きによって酵素は全て異なるもので、大きく分けると、細胞の膜と密に結合している膜酵素、細胞の外にある可溶型酵素に分かれており、基本的な働きは変化しません。
酵素はほぼタンパク質で作られていますが、タンパク質のみで作られている場合もあれば、タンパク質と他の物質で作られている場合もあります。

体内の様々な場所で活躍する物質ですが、人間が老化していくに連れて体内から減ってしまいます。
これらの酵素の構造や反応を研究している学問も存在しており、生化学の部門によって研究されている物質です。

 

2.生酵素とは具体的にはどういう酵素か、どういう効果があるか

酵素は生の野菜や果物に多く入っており、摂取することで酵素を体内に取り入れられる状態です。

食事や野菜ジュースと言った方法で酵素を摂取しようとすると、食品を加工する時点で加熱される事が多いため、タンパク質で作られている酵素の多くが死滅してしまいます。

そのため通常の酵素を摂取すると、どうしても体内で取り入れられる酵素は少なくなります。
そこで作られたのが生酵素と言われるサプリメントです。

多くの食材から取り出した酵素を加熱せずにサプリメントに加工することで、通常では摂取が難しい酵素を、より多く簡単に摂取することができるためです。

そのため体内の消化や腸での分解に効果を示し、腸内の環境を整えることで便通を改善する効果があります。

また取り入れられにくい栄養素が摂取されやすくなるため、体の調子を整える効果があります。
体内の酵素を補佐する力が大きいため、更に体に吸収する力を手助けする機能を強く持っています。

 

3.麹酵素とはどの様な酵素なのか

酵素は、同じ酵素の中でも麹に含まれることが多い酵素を指しています。

リパーゼやアミラーゼといったサプリメントの名前で聞く酵素も麹酵素です。

麹に含まれているのは三十種類以上あるとされ、多くの効能が期待できます。

また近年では調味料として麹が料理に活用されることも増えてきており、麹が入った調味料も個別に売っていることから摂取しやすい酵素であるとも言えるのです。
発酵している食べ物から摂取出来ることから、強い酵素を生み出しやすく、どちらかと言えば体内で吸収するための消化に力を発揮しやすい酵素でもあります。
酵素は生の野菜や果物を加工することで発酵させて酵素を抽出していますが、麹菌は米や大麦等の穀物に麹菌を入れて発酵させて酵素を抽出しており、麹酵素は麹菌が入っていることでより高い栄養価を摂取することが出来るようになっています。
特に腸の健康で取り上げられる善玉菌と呼ばれるものと同じものであり、腸内環境の改善にも効果を発揮します。

 

4.生酵素、麹酵素から見られる特徴のまとめ

酵素は体に欠かせない物質です。しかし加齢や、食生活が乱れることでどんどんと体内から少なくなっていくものです。

そこで生酵素や麹酵素で体内に酵素を補充することで、出来るだけ腸内を中心とした体内の働きを活発にすることが出来ます。
酵素は果物や野菜を中心とした酵素で、体内にある酵素の働きを助け、活発化させる効果を持っています。

酵素穀物を中心とした酵素で、直接的な部分でも酵素の働きを助ける効果を持っているのです。
近い効能を持っている生酵素と麹酵素ですが、体内の酵素の働きを助けるためには効能がそれぞれ違ってくるため、目的によって使い分けるために、利用方法を考慮する必要があります。