些細なことかもしれませんが…

いろいろな情報をお届けします。

炭水化物抜きダイエットで、卵と豆乳と乳製品を試してみた効果と期間

スポンサーリンク

1.炭水化物抜きダイエットとタンパク質について

炭水化物抜きダイエットは、簡単に言うと糖質をとったら、それが脂肪になるから糖質を控えましょうというものです。

ここで栄養素のおさらいです。体に取り入れられるものは、糖質、タンパク質、脂質に分かれます。
タンパク質は、筋肉、骨、皮膚、髪等ありとあらゆるものを作る源です。

そしてその骨格を使って、運動するときに使うエネルギー、車でいえば、ガソリンみたいなものが糖質です。脂質は、糖質が不足した時の貯蔵庫です。
では、糖質をとらなければ、エネルギーがなくなって、何もできなくなるのではないのかと思うかもしれません。

 

その時のために、ためておいた脂質つまり脂肪がエネルギーになってくれます。

じゃあ脂肪もなくなれば、と思うかもしれません。

しかし、人間の体には、タンパク質から糖質を作り出す機能を持っているので安心できます。

だから、タンパク質中心の生活なら、脂肪もへらせ皮膚や髪も再生産され綺麗な体になるのです。

 

2.炭水化物抜きダイエットで卵と豆乳を活かす

タンパク質をとると言っても何をとってもいいというわけではありません。

特に、動物の肉類は、たとえ脂質の少ない部分だとしても、便秘に悩むことになります。

そこで私は、卵をお勧めします。卵はたんぱく質が豊富で、脂質も少なく、腹持ちもよいです。

さらに、卵料理のレパートリーは豊富で、毎日卵を食べても飽きません。

これが卵を、炭水化物抜きダイエットに取り入れる理由の一つです。

また、卵に含まれるコリンという物質は、脳の働きによく、しかもコリンは、鶏肉にも含まれています。

鶏肉の手羽先は、牛、豚、鳥の肉の中で、最も脂質が少なくかつ最もタンパク質が多い部分です。

つまり、鶏肉を卵でとじた料理が最も炭水化物抜きダイエットに適しているということです。
タンパク質のとる方法は、大豆からとることも考えられます。

お手軽なのは納豆でしょうか。また、豆乳も手軽なものの一つです。

筆者は、豆乳にリンゴ酢を混ぜて飲むようにしています。というのも、お酢は脂肪燃焼作用があり、炭水化物抜きダイエットに組み合わせると、ダイエット効果てきめんだからです。

余談になりますが、豆乳に一味唐辛子を入れて飲むと、髪の毛の増毛効果が期待できます。

これは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンと、一味唐辛子に含まれるカプサイシンが組み合わさることで、毛根に刺激を与え、発毛育毛増毛が期待できるからです。

その効果ですが、筆者も試したところ部分的ではありますが、一つの毛穴に一本の髪の毛が生えているという状態が、一つの毛穴に二本三本の髪の毛が生えてくるようになりました。

 

3.炭水化物抜きダイエットと乳製品

乳製品も炭水化物抜きダイエットに使えます。

ただし、すべてではありません。

チーズのよいところは、腹持ちが良いところです。

しかし、ヨーグルト、牛乳は体重を減らすというよりも、便通改善のためにとっていました。なぜなら、これらは糖質が多く含まれるからです。

しかし、炭水化物抜きダイエットはタンパク質をよくとることになりますので、便秘しがちです。

それを解消するために、適量の牛乳やヨーグルトは用いてもよいでしょう。

 

このように、炭水化物抜きダイエットといっても上にあげた例は一例です。

これらを上手に組み合わせながら上手に長く続けることができれば、炭水化物抜きダイエットは成功したも同然です。

このダイエットの効果が表れてくる期間は長く見て半年といったところでしょうか。

ただし、カロリーオーバーは厳禁かつ日頃の1時間くらいのウォーキングはお忘れなく。